Close

京都近郊10分 滋賀県大津市のリゾート「琵琶湖ホテル」の琵琶湖ホテルの歴史

  • TEL077-524-7111
  • menu
ホテルについて

ホテルの歴史History

ホテルの歴史

ホテルの開業

昭和9(1934)年10月、風光明媚な水辺の景勝地として知られる大津にリゾートホテルとして開業しました。設計は、大阪中之島の中央公会堂や東京神田の再建ニコライ堂などを手掛けた建築家、東京美術学校の岡田信一郎(1883-1932)氏の事務所に委託され、弟の捷五郎氏が担当。柳が崎の景観と調和した桃山風破風造を特徴とした昭和モダンなホテルとして設計されました。当時の宿泊料金はシングル5~15円、ダブル8~22円、食事料金は朝食が1円、昼食2円、夕食2円50銭という設定でした。

戦後進駐軍に接収された時期がありましたが、時代の変遷の中、滋賀県の迎賓館としての役割を果たし、地元の方々の人生のベースキャンプとして、お客様お一人お一人をお迎えしてきたことが私たちの財産になっています。往時を髣髴とさせる和風バンケットホール、ロビーのシャンデリア、手動式エレベーター、キーボックスなども閉館まで現役で活躍しました。

(旧)琵琶湖ホテル 本館

(旧)琵琶湖ホテル 本館

柳が崎の景観と調和した桃山風破風造(ももやまふうはふづくり)を特徴とし、鉄筋コンクリートの近代的洋風建築でありながら社寺建築の様式を取り入れている。 大屋根は、銅版葺された木造の屋根組がのせられており、将来さらに高層の建物へと増築できる設計となっていた。

向唐破風(むかいからはふ)の正面玄関車寄せには細部に精巧な意匠、廊下には優雅な高欄がめぐらされ、平面は1階を方型、上階を凹型として採光・通風ならびに眺望上の効果が図られている。平成10年、浜大津に移転した際、本館は大津市に寄贈、12年に文化財に指定されている。

(旧)琵琶湖ホテル 本館
設計
岡田信一郎(1883-1932)事務所/捷五郎(弟)担当。
施工
清水組(合資会社)
営業
昭和9年10月27日~平成10年8月24日
施設概要
(オープン当初)
■地下1階・地上3階・地上19m/総延坪1,182坪3勺
■1階:和風を基調とした食堂・レセプションルーム・読書室
■2・3階:洋風仕立ての総数38室の客室(数室の貴賓用スイートルームを含む)、売店
■地階:厨房、機関室等

新築移転オープンと引き継がれる心

浜大津再開発事業を契機に平成10(1998)年10月1日浜大津に新築移転オープンしました。旧ホテルからの伝承は今もホテルの各所にちりばめられています。ロビー階にあった和風バンケットは同じくロビー階のフローリングの宴会場として、ロビーでお迎えする海女の像などの美術品も旧ホテルから引き継がれ、お客様のくつろぎの空間を演出するのに一役買っています。また、“雪月花”“近江八景”“山野草”などをテーマに名付けられた旧ホテルから使われてきた施設名も踏襲されています。伝統に息づく心の繋がり、そして、美しい景観・爽やかな風・豊かな湖の幸をもたらしてくれる琵琶湖を大切に、お客様をお迎えして参ります。いつでも憩える安らぎとくつろぎの場所として。

(新)琵琶湖ホテル

(新)琵琶湖ホテル

恵まれた自然環境との調和とリラクゼーションをテーマに琵琶湖のさざなみと比良の山並みを投影した緩やかな優しい曲線、湖の青と山の緑をベースにした13種類の色彩、素材の質感や光の演出による“くつろぎ”の空間で構成された設計。建物を大きく3節化させ、自然から取り込まれた形態と色彩の相乗効果により、周囲の景観に溶け込ませるとともに訪れるゲストの記憶に永く残る洗練されたデザイン効果が図られている。多様なゲストのニーズに応え、「繰り返し訪れたくなる快適なホテル」を目指す。

基本構想
デザイン監修:シーザー・ぺリ&アソシエーツ
設計監理
竹中工務店(内装設計)
施工
竹中・銭高・京阪 共同企業体
営業
平成10年10月1日~
施設概要
■地上12階・約60m/延床面積24,000㎡
■客室171室/サウナ・露天風呂付温泉大浴場/大宴会場/中宴会場/小宴会場/和宴会場/会議室/チャペル/神前式場
 ガーデンプール(夏期営業) /レストラン/ショップ/美容室/フォトスタジオ/衣裳室/フローリスト
アクセス

アクセス

京都から電車で約15分の好立地。琵琶湖ホテルへのアクセスをご紹介します。

詳細はこちら

環境への取り組み

環境への取り組み

食を通じてお客様と共に取り組む、琵琶湖や周辺環境を守るためのプロジェクトをご紹介します。

詳細はこちら

琵琶湖観光

琵琶湖観光

自然と共存し、いまも息づく歴史遺産。スタッフが厳選した湖国の名所をご紹介します。

詳細はこちら

よくあるご質問

よくあるご質問

よくあるご質問についてご紹介いたします。

詳細はこちら